インテリア(50枚の写真)の赤い色:美しい色合いと成功の組み合わせ

12 October 2017

赤は不屈の意志、目的と情熱のための欲求を象徴しています。彼の色は、多くのデザイナーの非常に好きです。赤で簡単に内部のキーポイントを強調表示します。心理学者は、彼が調子を上げ、活動に設定することを言います。

赤、青、ベージュとブラウンのリビングルームのインテリア

赤い色は気分を作成し、内部を盛り上げることができます。しかし、あなたは非常によく、それを使用する必要があります:1つの間違っバー - とそこに印象的な不協和音を、調和が消えます。デザイナーはインテリアに赤い色を使用したよう?

モダンなキッチンのインテリアで、赤、白、korichnvey色
赤い壁やアクセサリー付きリビングルーム
暖炉のあるリビングルームのインテリアで、赤、白と黒の色
廊下に赤い壁
台所に設定されたレッド、ベージュ
キッチンでレッドヘッドセットや椅子

内部の赤のシェード

設計者は、多くの場合、何の炎の色とほぼすべての部屋に適用され、その色合いを、使用しません。インテリアに赤のいくつかの好きな色合いがあります。

  • テラコッタ;
  • レンガ;
  • ノーブルワイン;
  • 赤というように。

赤い色で塗られていないすべての対象と材料は、内部によさそうです。例えば、プラスチック表面は、光沢のある赤色の興奮活性を保有します。しかし、レンガ、粘土や布はかなり控えめに見えます。

暖炉のあるリビングルームのインテリアで、レッド、ベージュと白の色

custom_block(4、98204033、12260)。

暖炉のあるリビングルームのインテリアで、レッド、ベージュと白の色

赤で静かなトーンは、次のとおりです。

  • バーガンディ;
  • アリザリン;
  • ワイン;
  • テラコッタ;
  • ミュートサンゴの色合い。

彼らは赤の鮮やかな色とは対照的に、音にあまり積極的でかつことができます。これらの色合いが豊かな、エレガントなインテリアの作成に必要不可欠です。控えめな色は、赤の部屋やオフィス、リビング、ベッドルームを作成することができます。

レッド、グレー、茶色と白のリビングルームのインテリア

赤の色合いの正しい選択 - 部屋の照明の観点から必要な条件。部屋が暗いと悪い加熱された場合は、暖かさの感覚を作成し、赤の暖かい色合いを、トリミングしてみてください。紫の色合いは、荘厳で豊かな広いリビングルームのインテリアを行います。

色を選択するとき、部屋のスタイルとサイズを考慮することが重要です。暗い色は、小さなスペースには適していません。

レッドノートは定型化されたインテリアのために使用することができます。あなたは枕カバー、シーツやその他の付属品に赤い模様とそれを組み合わせる場合たとえば、インドの精神は、寝室になります。

リビングルームには、白、グレーと赤の色
暖炉のあるリビングルームで赤のアクセント
黒と赤のキッチン
赤いキッチンで灰色のカウンターとエプロン
リビングルームにはモジュラー赤いソファ
オプション赤いベッドルーム
リビングルーム、オフィスで赤壁

特長赤いインテリア

豊富な赤い色は、視覚的にスペースを減少させ、それは小さな部屋で使用することはできません。

あなたがリビングルームのための赤の色合いを選択した場合、それはパワーとエネルギーを感じます。貴族と尊大取得リビング金色のアクセサリーとの色の組み合わせで。

リビングルームには、赤、黒と茶色の色

白い壁と天井の背景に印象的に見える内部の赤い家具 - リビングルームのための最良の選択。すべての家族や友人のことで収集するためのリビングルームのインテリアに赤いソファ。ゲストを受信するための部屋でこのような活動は歓迎されています。

寝室用として、何の重点は、それ以外の場合はスリープ状態に難しいことができ、赤の上に置かれてはならない存在です。しかし、ピンクや淡いバーガンディは寝室のために許容可能である:彼らはロマンチックな雰囲気を作成するのに役立ちますし、健康的な睡眠には影響を与えません。異常内部は白と濃い床の色調が散在ミュート赤色の組み合わせから得られます。

リビングルームには、赤、グレーと白の色

キッチンで赤の多くは食欲を呼び起こします。この部屋のための最良のオプションは、クロームのアクセントと黒と白の挿入と赤の要素の組み合わせになります。

赤バスルームには論争を引き起こす可能性があります。誰かが幸せになります、と誰かがこのバスルームが好きではありません。

赤色の内部全体は意図的な、ダイナミックな、移動する人々によって選ばれます。彼らは、家庭でも、アクティブな休息を好みます。

赤と白のバスルーム
台所の内部に、赤、青、白、黒と茶色の色
家の中でレッドライブラリー
ベッドルームテキスタイルで赤壁とアクセント
赤とグレーのキッチン

内部の他の色との組み合わせでレッド

赤鈍い部屋の助けを借りて、デザインの傑作に変換することができます。主なもの - 有能正しくその色合いやアクセントを使用します。赤の色合いは、リビングルーム、バスルーム、トイレ、ジム、レジャーの場所で完全になります。このダイナミックで活気に満ちた色がうまくブレンドされて色がたくさんあります。

赤と白のインテリア

ホワイトカラー - 不可欠なコンパニオン赤。彼は完全に赤の過剰な活性を中和します。内部に赤と白の組み合わせは、ケア、正義と純度を象徴するスペースを拡張します。このインテリアは新鮮で幸せなコントラストを持つ人々を魅了します

赤と白のリビングルームのインテリア

赤と白のインテリア - それは、Win-Winの組み合わせです。このデュオは、追加のアクセントを必要としませんが、多くは内部ダイナミクスを与える、黒とそれを希釈しました。赤はモノクロに近いので、これらの色の三色の範囲が良く見えます。

赤、白混合することにより、設計者は技術、パターニングモノクロオブジェクトを使用する有機見えました。ここでの主なルール - 同じ量のパターンと単調さを使用しています。だから、あなたはパターン化された内部1-2平野アクセントを作るために、逆に、部屋のモノクロを作るパターンでいくつかのオブジェクトを追加、またはしたい場合。例えば、ダイニングルームモノラル壁紙パターンとカーペットを敷くことができ、およびパターン壁紙とベッドルームの自己着色カーテンまたは他の装飾的な要素であってもよいです。

赤、白のインテリアに使用される主な技術 - 「白赤」。しかし、「赤に白」の逆の手法は、マイナスの影響を与える可能性があります。この内部は厳しいと叫んだと思われます。実際にその白 - ニュートラル、均衡の色は、それがフォーカスすることはできません。

赤と白のキッチンのインテリア
赤と白の広々としたキッチン
赤と白のおしゃれなバスルーム
赤と白のバスルーム
モダンなスタイルで赤と白のリビングルーム
白バスルームに赤いタイル
赤と白のインテリアバスルーム
赤と白の珍しい生活
赤と白のオフィス

赤と黄(橙)

暖かい色は常に夏、楽しい気分を作成します。赤と黄色の組み合わせは、子供の部屋、キッチン、フィットネス・センターに適しています。しかし、あなたの前にトーン・データ・レートに住民のために、このような組み合わせの快適さを選択します。部屋でどちら側を参照してください。日ならば、他の色だけでなく、不快感を引き起こす可能性が強化され、熱の影響に注目をリダイレクトする必要があります。

リビングルームには赤と黄色のアクセント

この部屋では、それが集中する何かに困難になります。多動児の場合は、あまりにも、赤、黄、オレンジ色のトーンをピックアップする必要はありません。白とベージュを犠牲にすることができる活性暖色の影響を低減します。

赤とゴールドの組み合わせは全く違った雰囲気を与えます。高級ホテル、アートギャラリー、レストランでの適切なこのもったいぶっ組み合わせ。それは非常に高貴な連合のバーガンディとゴールドの色合いに見えます。赤と金のインテリアは、多くの場合、部屋は立派に見えるため、これに、黒い色を追加しました。

保育園での赤と黄色のアクセント
リビングルームには赤と黄色のアクセント

赤とベージュ

ベージュの色合いが赤の活性を阻害するので、この内部は柔らかく、静かに見えます。あなたは第3色連合は必要ありません。リードされます何色を選択することが重要なだけあります。それはベージュであれば、お部屋の雰囲気は、こじんまりとした魅力的です。パターンの内部に含める、またはレンガは活気を行います。

深紅のスーツ砂については、藁と地球トーン。そして、赤、赤でも、ワインや厚い深紅のすべての色合いニュートラルベージュのスーツ。このタンデムは長い時間前に登場しているため、室内で簡単に作成できベージュと赤のレトロなスタイルの淡い色合いの組み合わせで。そして、この組合は、モダンなインテリアにも生き残っています。

赤とベージュのベッドルーム

ちなみに、このデュエットでベージュの唯一の日陰を使用しない:このインテリアは単調で退屈。ベージュの異なる色合いの円滑な色遷移を作成することをお勧めします。ベージュの背景色として選択した場合は、一つの大きな赤いアクセントにいくつかの小さなアクセントを作り、赤い色が失われることはありません。例えば、ソファの上に枕に加えて、内部に赤カーテンであってもよいです。ベージュの背景に大きな鮮やかな赤い花と壁画が正常にリビングルームのインテリアを飾ります。あなたが内部に赤い壁紙をkleite場合は、壁の一方のみが占有されている必要があり、そうでない場合は内部暗く、さらには積極的に取得します。

ベージュと赤の回廊
ベージュの台所に赤いアクセントで設定します
ベージュと赤のリビングルーム
ベージュと赤のベッドルーム

赤と青(シアン)

この組み合わせは、インテリアでは極めて稀です。これらの色 - 確かにantagonichny。ブルー - 火災 - それは氷、赤です。加えて、これらの色の双方は、温度の影響は異なります。しかし、非常に居心地の良い雰囲気が適切な組み合わせで発生することができます。補完的な、そしてそこから部屋全体の温度に依存します - それは重要であり、どのような色は、鉛、そしてどのようなことでしょう。それは暖かい作りたい、ただ絵を完了するために、背景として淡い赤、青を取ります。青を支配しなければならないクールなインテリアを作成するには、赤をアクセントとして使用されています。

赤青のダイニングルーム

基礎は淡い青色で取られる場合は赤と青のインテリアは、保育園に良い見ていきます。ここでの航海をテーマには非常に有用であろう。

ベッドルームには、尊敬と洗練を強調するために、水色の背景と赤を選択することをお勧めします。

赤の青いスーツさまざまな色合い、そして青色は豊かな赤の色調を選択する方が良いです:覚えておいてください。

あなたは珍しい内装をしたい場合は、赤とターコイズを接続します。この提携は、良い気分を提供し、快適さと豊かさの感覚を作成します。

リビングルームの内部に赤と青のアクセント

赤と緑

緑、赤加えるので、彼らは互いに近接しているより飽和表示されます。これは非常に効果的な同盟関係であるので、この内部は目、感情を励起し、かつ永久的ではないかもしれません。

予約するには、これらの色は赤と緑の色合いを打つていない使用する必要があります。また、白やベージュでそれらを希釈する必要があります。

赤と茶色

ダークブラウンの色合いは、彼らは親族と呼ばれることができ、部分的にので、一部は赤が含まれています。ブラウン - 低キーと地球、色安定性と勤勉にダウン。レッドシェーディング、この音が部屋全体が固体に見えるのです。

ダークブラウンとバーガンディ色合い、あなたは英語のスタイルを作成することができ、金の色合いを追加して、あなたは気取ったビクトリア朝のスタイルを再現することができます。

赤茶色のキッチン

赤とピンク

赤、オレンジ、ピンクの組み合わせのファッションは、彼らがcloying味と香りだけでなく、豊かな暖色系の色をミックスしたいと東から来ました。ように赤とピンクの労働組合はよく東部異国情緒と呼ばれるかもしれません。私たちの目は穏やかな色の組み合わせに慣れて、慎重にこの組み合わせを使用してください。

レッド・ピンクのリビングルーム

赤とグレー(グレーブルー)

グレーと赤の鮮やかな色合いと調和青灰色のブレンド。しかし、このようなタンデムのために、白、ベージュ、金色やダークブラウン色を追加することをお勧めします。そのような三重の組み合わせでは家の中のどの部屋を発行することができます。

赤とグレーのリビングルーム
赤とグレーのキッチン
赤、灰色のダイニング

赤と紫

赤と紫の鮮やかな組み合わせは、台所に関連するだろう。色を選択するとき、彼らは暖かさと明るさのレベルに調和しなければならないことを覚えておいてください。白やベージュ - デザイナーデュオニュートラルカラーを希釈することは推奨されません。

赤と紫のベッドルーム

あなたが赤のは、最終的に家の住人が疲れていることを心配している場合、インテリア、テキスタイルや細部にそれを使用。

これは赤寝具、格子縞またはベッドサイドランプシェード炎とすることができます。

あなたは中間色であなたのインテリアを配置し、彼はあなたに単調で退屈であると思われますか?いくつかの赤い椅子、そこに部屋を購入し、その後、新しい方法で再生されます。

キッチンコーナーの内部に、赤、グレーと白の色


Комментарии

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

87 − = 79